スポンサーサイト

0
    • 2011.10.13 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    情報源の信頼性と、他アンソロ企画との差異について

    0
      JUGEMテーマ:漫画/アニメ
       
      昨晩記事を公開してより、現在までに予想以上の反応を頂いております。
      多くの方にこの問題を真剣に捉えて頂いているようで、特に記事の内容をご理解して下さった上で広めて下さった方々には感謝の言葉もありません。
      全てのお声を拾えているわけではありませんが、その中より特に説明すべきと思われた2点について、この記事で追記させて頂きます。


      ※当ブログを初めてご覧の方は、まずはこちらの記事をご確認下さい。
      漫画賞の危機?―ヤングガンガン漫画賞『荒川アンソロアワード』に関する警鐘】(9/17)
      9/26、『荒川アンソロアワード』概要に本件に関する追記がされました。比較のため、以下の記事中の『荒川アンソロアワード』のリンクは、9月16日16:47時点の内容(ウェブ魚拓)に差し替えています。詳細は新規記事にて追記いたします。
      最新の状況はこちら→『荒川アンソロアワード(最新)』

      続きを読む >>

      漫画賞の危機?―ヤングガンガン漫画賞『荒川アンソロアワード』に関する警鐘

      0
        JUGEMテーマ:漫画/アニメ

        ※補足記事【情報源の信頼性と他アンソロ企画との差異について】(9/18)
        9/26、『荒川アンソロアワード』概要に本件に関する追記がされました。比較のため、以下の記事中の『荒川アンソロアワード』のリンクは、9月16日16:47時点の内容(ウェブ魚拓)に差し替えています。詳細は新規記事にて追記いたします。
        最新の状況はこちら→『荒川アンソロアワード(最新)』



         
        先日より、pixivで『荒川アンダーザブリッジ』のファンアートを公開している方に、スクウェア・エニックス公式から以下のようなメッセージが届いていることが判明しました。
        要約すると、荒川公式企画である『荒川アンソロアワード』という“漫画賞”への、“お誘い”メールということです。




        この企画に関しましては、発表当初から多くの点が疑問視されていたのですが
        それに加え上記のメッセージの存在により、この企画が
        【公式アンソロジー用の原稿をタダで集める企画】である可能性
        が、現在非常に高まってきております。

        pixivよりお誘いを受けられました方、ご応募をお考えのお方は
        ぜひ以下をご一読の上、応募に関するリスクをご判断下さい。
        また、詳細は後述しておりますが、このことは1作品の問題に留まらず
        真剣に漫画家を目指す方の原稿が正当に扱われなくなるという
        取り返しのつかない、悪しき前例となる恐れもあります。
        漫画家志望の方からファンの方まで、漫画を愛する方に広くご覧頂ければ幸いです。



        ============================================

        単刀直入に報告いたします。
        この漫画賞につきましては、ヤングガンガン編集部に問い合わせを行った方の報告から
        以下の4点について、事実であることを既に確認済みです。


        〆垢圭个型佑隆覯菽甘は編集部に実際に在籍。
        △覆蠅垢泙靴筌ぅ織坤薀瓠璽襪任呂覆ぁスクエニ公式からのお誘い。
        お誘いした方でも落選の可能性はある。
        レベルの高い作品が集まった場合は、アンソロジー化も視野に入れている。



        もっとも疑問を抱かざるを得ないのは、特に、い旅猝椶任后
        漫画賞であるならば参加の依頼というのは筋が通りませんし、賞であれアンソロジー企画であれ、依頼しておいて採用しないかもしれない、というのは、もっとありえません。
        作品公式の企画として参加を依頼した方がいるにも関わらず、「依頼するが落選の可能性もある」「クオリティの高い作品が集まれば」というスタンスは、あまりに怠惰かつ奔放にすぎ、自ら依頼した応募者の方の力量を信用していない発言とも取れます。


        また、い離▲鵐愁蹈検鴫修構想されていることに関しては、
        賞題に免罪符のように『アンソロ』の単語が使用されているのみで
        漫画賞本文中には、一切の説明がありません。

        当然アンソロに原稿が掲載された場合の謝礼等も一切明かされておらず
        上記の『レベルの高い作品』にあたるであろう「受賞作品」に限定しても、
        原稿は「投稿作品」として扱われ、
        正式な「依頼原稿」であれば支払われるべき金額が支払われない可能性
        もしくは、謝礼が“金額としては”正当に支払われるとしても、
        「受賞作品」については以下の項目があることから
        投稿者の望まない形で出版等されることになる危険性もあります。


        (ヤングガンガン公式HP/『荒川アンソロアワード』より引用)
        (※この項目は全ての漫画賞において設置されているものです。
        しかし、少なくとも他の漫画賞においては、投稿作品をアンソロジー化する計画を感じさせるような内容は一切ありません。)






        また、上記のことが事実であるならば、これはもはやいち漫画作品内の問題ではなく
        漫画家にとっての原稿が商品であるという概念、
        ひいては漫画賞全般の根本を揺るがすことにもなりかねません。


        これがまかり通ってしまえば、ある出版社が「○○アンソロジー」ものを出そうと思った時
        「○○漫画賞」を設立し、低額の賞金を設定し、デビューをエサに、漫画家志望の方の原稿を安く買い叩けばよくなってしまうのです。


        あなたが真剣に漫画家を目指していると仮定した場合
        「デビューのチャンスがある」と銘打たれた「漫画賞」で賞を取り、
        あるいは賞を逃しても、「アンソロジーへの掲載を許可すればデビューを取り計らう」というような言葉、“空気”をもし示されたとしたら
        あなたはそれを、拒否することができるでしょうか?

        この手法は、オーディションと称して芸能人志望の方たちを集め
        デビューのための準備だと言い、高額のレッスン料や宣伝材料費を搾取するようなやり方と
        何も違わないと思います。




        (ヤングガンガン公式HP/『荒川アンソロアワード』より引用)



        この企画が首尾よく投稿作品を多数集め、アンソロジー化が実現してしまえば
        真剣に漫画家を目指す方の原稿が正当に扱われなくなるという
        取り返しのつかない、悪しき前例となる恐れもあるのです。


        もしかすると、企画側の方たちに、一般的な意味での悪意はないのかもしれません。
        しかし、原稿を商品としている出版社が、結果的にその原稿を買い叩こうとしているという図は
        自社の商品について自ら【価値がないもの】と冒涜し、
        敬意を払う努力すらしていないことを、示すことに他ならないのではないでしょうか。


        重ねて、この企画に応募をお考えの方が元々ファンアートの描き手であった場合
        世の中にはファンアートそのものを快く思わない方が少なからず存在し、それだけで批判の対象となる可能性も示唆しておきたく思います。
        例えばあなたが普段使用しているHNで見事金賞を勝ち取り、ヤングガンガンに作品が掲載されたとすると
        そのHNや絵柄から、あなた自身の素性を突き止め、執拗に攻撃する人もいるかもしれません。
        オリジナルの作品ですら、そういった批判・中傷の対象になることは十分ありうることです。
        そうなった時、漫画賞はあなたを守ってくれません。
        ファンの方のそのような姿を目にすることは想像だけでも胸が痛く
        ご応募の前に一度立ち止まってリスクを熟考して頂くことを、重ねてお願いしたい次第です。




        最後に、この記事がスクウェア・エニックス、ヤングガンガン編集部の方のお目に留まりました場合
        以上の事実、推察に誤りがありましたら、ぜひご連絡下さい。
        迅速にお詫びして訂正させて頂きます。
        ただし、訂正された内容を実行して下さったことを証明したいため
        このブログ・記事は削除せず、はっきりとわかる形で訂正のみ行わせて頂きたいと思います。

        当ブログは『荒川アンダーザブリッジ』や、中村光先生ご本人を貶めようとする意図で作成されたものでは、決してありません。むしろこのまま企画が進行することにより、作品、作者ご本人様の評価が不当に貶められるのではないかという点について、非常に危惧しております。
        企画の参加者様、そして漫画家志望の方が正当な利益を得、正確な判断ができるだけの情報公開と企画の透明化がなされることを、心より願っております。