<< 漫画賞の危機?―ヤングガンガン漫画賞『荒川アンソロアワード』に関する警鐘 | main |

スポンサーサイト

0
    • 2011.10.13 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    情報源の信頼性と、他アンソロ企画との差異について

    0
      JUGEMテーマ:漫画/アニメ
       
      昨晩記事を公開してより、現在までに予想以上の反応を頂いております。
      多くの方にこの問題を真剣に捉えて頂いているようで、特に記事の内容をご理解して下さった上で広めて下さった方々には感謝の言葉もありません。
      全てのお声を拾えているわけではありませんが、その中より特に説明すべきと思われた2点について、この記事で追記させて頂きます。


      ※当ブログを初めてご覧の方は、まずはこちらの記事をご確認下さい。
      漫画賞の危機?―ヤングガンガン漫画賞『荒川アンソロアワード』に関する警鐘】(9/17)
      9/26、『荒川アンソロアワード』概要に本件に関する追記がされました。比較のため、以下の記事中の『荒川アンソロアワード』のリンクは、9月16日16:47時点の内容(ウェブ魚拓)に差し替えています。詳細は新規記事にて追記いたします。
      最新の状況はこちら→『荒川アンソロアワード(最新)』

       


      【情報源(スクウェア・エニックスへの問い合わせ)の信頼性について】

      確かであると断言できます。
      前回の記事では「ヤングガンガン編集部に問い合わせを行った方の報告から」と
      少々不明確な表現を使用していましたが
      これは警鐘があまり広まらなかった上でご協力者様が公式側に知れた場合、不利益を被る可能性を考慮しあえて曖昧な表現にさせて頂いたもので
      実際には
      依頼された方の許可を取り、ヤングガンガン編集部に直接電話で問い合わせを行い
      「漫画賞への参加を依頼された一人」対「メール送信元の企画担当者ご本人様」
      という構図で、公式にご回答頂いたものです。

      会話内容は逐一記録し、複数人での確認を行い、言葉の取り違いがないか等も確認済みです。

      特に
      「レベルの高い作品が集まった場合はアンソロジー化も視野に入れている」
      という回答につきましては、誤認のないよう、ほぼ発言そのままでの掲載を行いました。

      公式より発言内容を否定されるなど、差し迫った状況になりました場合は
      会話内容の詳細を公開する準備もありますが
      必要性がない限りは、前記事の要約のみの公開に限定する予定です。




      【他アンソロジー企画との差異について】

      漫画賞『荒川アンソロアワード』について、以前実施された「ドラゴンクエスト」や「ひぐらしのなく頃に」のアンソロジー企画とどう違うのか、という疑問をお見かけしました。
      端的にまとめますと、以下の点で大きな差異があります。

      【荒川】…
      デビューを匂わせた“漫画賞”であり、「アンソロジー化する」との記載はない。
      【ドラクエ、ひぐらし】…
      アンソロジー化の旨が募集時から明記。(※)
      ファンに向けての募集企画であることが明確であり、デビューを示唆する記述はない。


      つまり、そもそも前例の2作品は
      名前は違ってもれっきとした「アンソロジー用作品募集企画」
      であり、
      アンソロジー化の記載がない『荒川アンソロアワード』とは、根本からして異なるのです。
      問題視されているのはアンソロジー用原稿を読者より募集することではなく、
      「とりあえずデビューをエサに漫画家志望からも原稿を集めておく」
      「レベルの低い作品ばかりであれば発行しなくても済むよう、アンソロ化は明記しないでおく」
      「参加依頼はするが報酬は保証しない」
      という目論見が、“漫画賞”という、漫画家志望の方がプロになるための手段を称して行われる事なのです。

      詳細な比較対象として、以下に各企画の募集時の要項を用意いたしました。
      『荒川アンソロアワード』との違いを、ぜひご確認頂ければと思います。



      ▼『ひぐらしのなく頃に大賞』第一回募集要項(2006年4月6日時点)

      (『Internet Archive』 該当記録より引用)
      (該当記録URL:http://web.archive.org/web/20060406210438/http://gangan.square-enix.co.jp/higurashi/novel/
      (元ページの現在 『ひぐらしのなく頃に大賞』)



      ▼『ドラゴンクエスト4コマクラブ』

      (『ドラゴンクエスト4コマクラブ劇場4コマクラブ傑作集 番外編』 より引用)
      (P94/1991年3月25日初版/エニックス発行)

      ページ全体

      (前掲書/P94-95より引用)


      ▼『ドラゴンクエスト4コマクラブ/新企画4コマクラブカーニバル』

      (『ドラゴンクエスト4コマクラブ劇場4コマクラブ傑作集3 番外編』より引用)
      (P94−95/1992年3月31日第1版、1994年7月10日第4版/エニックス発行)



      ドラゴンクエストの情報は協力者様よりご提供頂きました。
      この場を借りて御礼申し上げます。
      (※)
      …正確には、ドラクエ4コマクラブについては応募数と読者の声を受ける形で収録媒体が変遷・新設されており、4コマ募集企画の初出時に投稿作品のみをアンソロ化の明記・企画はなかったようです。
      しかし、ドラクエの場合はまずプロ作家構成によるアンソロジー『ドラゴンクエスト4コマ漫画劇場』が発行され人気を集めており、それを経ての読者投稿開始でした。
      ゆえに読者がその形をイメージして応募できていたことは想像に難くなく、その点でも『荒川アンソロアワード』との環境は大きく異なっていたと言えます。




      スポンサーサイト

      0
        • 2011.10.13 Thursday
        • -
        • 23:34
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM